• システム
    千葉 043-221-0489
    東京 03-5159-6022
  •      
  • 人材
    03-5159-6024
  • アウトソーシング
    043-223-7300
  • お問い合わせお問い合わせ
  • nexte
システム
システム

システム

電子帳簿保存法対応サポート実施中 【改正電子帳簿保存法】へ対応準備はお済ですか。
何から手を付けたら良いかわからないなど、ツール選定・運用相談・規程作成は、スリーエスへご相談ください。


スリーエスでは【改正電子帳簿保存法】対応に向けてツール選定や運用相談などを承っています。
2022年1月から電子取引データの電子保存が義務化されましたが、準備が整っていない企業様には、2年の猶予期間が設けられました。
猶予期間は、運用をしっかり固める期間です。この期間に、ツール選定を行い、管理方法を決め、2024年1月からは、スムーズな運用ができていなければなりません。

また、保存しなければならない書類が、電子と紙に分かれてしまうことで、作業効率が落ちてしまうことを防ぐために、全ての国税関係書類を電子化しペーパーレス化を目指す企業様も増えています。
電子帳簿保存法緩和の、このタイミングで是非とも経理の作業効率見直しをしてみませんか。
ご相談をお待ちしております。

◆◆サービス一例◆◆
 *各種メーカーの証憑保管ツール選定
 *会計システムとの連携
 *運用相談
 *業務フロー整理
 *規程作成 など


【証憑保管ツール(一部)】
・奉行Edge証憑保管クラウド(OBC)
・スマート大臣証憑保管(応研)
・PCA HubeDOC(PCA)
・楽楽精算(ラクス) など

サービス例①
各種メーカーの証憑保管ツール選定は、お客様の利用に合わせた証憑保管ツールの他、経費精算システムのご提案も実施しております。
サービス例②
会計システムとの連携提案では、OBC・応研・PCAなど各メーカー会計システムの仕訳と証憑が連携できるようご提案。
サービス例③
運用相談では、電子帳簿保存法対応に即して、どのような運用をすれば良いかをサポートします。
サービス例④
規程作成は、運用によって必要な場合があります。規程要否の確認を実施し、必要な場合には規程作成をサポートします。

システム
〒260-0013 千葉市中央区中央2-5-1
千葉中央ツインビル2号館10階
TEL 043-221-0489
FAX 043-224-2589

〒104-0031 東京都中央区京橋2-12-4
光和ビル7階
TEL 03-5159-6022
FAX 03-5159-6027

人 材
〒104-0031 東京都中央区京橋2-12-4
光和ビル7階
TEL 03-5159-6024
FAX 03-5159-6027

アウトソーシング
〒260-0013 千葉市中央区中央2-5-1
千葉中央ツインビル2号館10階
TEL 043-223-7300
FAX 043-216-4455

Copyright c 会計ソフトのプロ、スリーエスのソリューション事業部. All Rights Reserved.